すでに20年くらい前になりますがその

すでに20年くらい前になりますが、その頃、流行した海外製の減量効果のあるサプリを挑戦してみたことがありました。

流し込んでしばらくすると、動悸が発生したり呼吸が荒くなったりしました。

期待どおりの結果があると思えばいいのか、体に合わないのかわからず恐れを感じ、一瓶で飲むのをやめました。

体重も何も全く変わりませんでした。

ダイエット時のおやつは絶対にNGです。

おやつでの食べ物が、仮にスナック菓子などではなかったとしても、食べただけ、太っていくという現実を心に留めておいてください。

我慢のしすぎもいけませんが、朝、昼、夜の三回の食事を忘れずに、あとは食べたい欲求をコントロールできるように身体を変えていきたいものです。

減量を志すには筋肉を付けて基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。

中でも、ダイエットする為にはどのような筋トレが向いているのでしょうか?マラソンなどの有酸素運動が効果的ですが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の後に筋力トレーニングに取り組み、最後にまた軽く走ったりするのが効き目が出やすいようです。

限られた短い期間で健康的にダイエットするには水泳が一番だと思います。

走ったりはしたくないという方でも、水泳ならば浮く力で、体も楽ですし、泳ぎ終わった後は疲れさえも心地よく感じます。

ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。

水泳は思っているよりも消費カロリーが多いので、継続すればやせられます。

有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと結果がでないとされてきましたが、今はノンストップで行わなくても20分より長く運動していてば効能があるといわれています。

その他、筋力トレーニングの類のほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、酸素を使う運動、息を詰める運動を交互に行うことで効果を向上させることができるわけですね。

若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、少し食べ過ぎて体重が増えたとしてもしばらくしたら元に戻るという事が多いと思います。

しかし、年齢を重ねると基礎代謝力が下がってしまい、エネルギーの消費量も減少するので、何もしないと太りやすい体になります。

私は子供の誕生後、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットと合わせて人生初の筋トレをしました。

100%おっぱいで育児をしていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。

そういったこともあり、半年ぐらいでほぼ前の体型に戻ることができました。

細くなろうと思っても毎回ジョギングしたり散歩したりするのは正直ちょっとやりたくない気持ちが感じられますよね。

そこでわたしが、一押ししたいのが部屋の中での有酸素運動です。

ラジオ体操も素晴らしい有酸素運動なので、軽装でしっかり体を動かし体操をすると、効果的にカオリーも消費されます。

仕事場でのスタッフとのストレスで、ここ数か月、私は一体どうしたのでしょう、というくらいに、食べてしまっています。

頬にも顎にも二の腕や、お腹周りにも、お肉がついてぷよぷよで、何とかスリムになりたいなと、思うのですが、どうにもこうにも、運動する暇がありません。

こんな時こそ、簡単に体重が減って良いスタイルを、手に入れる薬があればいいのになと思います。

苦労しないで、体重を減らせる薬があるのなら、1万でも2万でも、支払ってもいいなと思っていますね。

それくらいに痛切な思いです。

痩せようとしている間、どうしても甘い物を食べたい欲求にかられた時に口にする食べ物は、若い頃から寒天です。

これは好きな味付けをすることができるので、飽きずに食べられます。

特に、缶詰のみかんを入れた牛乳の寒天と、味付けなしのさいの目に切った寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をたらしたものが気に入っています。

私は痩せようと思った時、家でも可能なダイエットの手段として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増やすことでからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を30分以上しました。

私の場合、これを毎日、毎日実行することで、2か月の間に5キロ以上の体重を落とすことに成功しましたが、継続することは努力がいることでした。

呼吸を意識して腹部からするだけでも、人は痩せるそうです。

体が締るストレッチとしては思い切り呼吸しながら、肩甲骨を動かすのが効果が見られやすいのだと聞きました。

肩こりにも効くのですが、両腕を空高くまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を曲げて身体の後ろに下げていきます。

この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。

基礎代謝の数値をあげて体質改善を図るためには有酸素運動を日常に取り入れるのがよいといいます。

一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのはウォーキングだといわれています。

もちろん、のんびりと散歩のように歩くだけでは基礎代謝量を上げることは難しいです。

下腹部にぐっと力をこめるようにして、顎を心持ち引いて、できるだけ遠くの前方を向くなど筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果が出てきます。

ダイエットといえば、有酸素運動ですが、一番効果のあると考えられている心拍数を知ることで効率よくエネルギーを消費することにつながり、脂肪燃焼を高めることが出来るようになります。

長時間続けて体を動かせば動かすほど痩せられるのではなく、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き渡らなくなり、反対の効果になってしまいます。

自分の基礎的な代謝を測ることは必須ですよね。

どうしてかというと、自分の代謝量を知らずに、必要な摂取カロリー量を理解することはできないのが理由です。

若かったあの時のような無謀なダイエットをするのが体に無理ができなくなった分、普段から穏やかに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。