仕事場でのスタッフとのストレスでこ

仕事場でのスタッフとのストレスで、ここ最近、自分でも怖くなるくらいに過食しています。

頬にも顎にも二の腕や、お腹周りにも、お肉がついてぷよぷよで、どうにかして痩せたいと考えているのですが、どうにもこうにも、運動する暇がありません。

こういう場合には、簡単に痩せられる薬が、あったならいいのになって思います。

簡単な方法で、痩せる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、出す覚悟はありますね。

それくらい切羽詰ってます。

ダイエットを長い間継続していると、カロリーを計らなくても、摂取カロリーの大まかな数値が見当がつくようになってしまいます。

主食と主菜、副菜をこのくらい摂取したので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に当てられるのです。

私も昔、デブだった黒歴史があるので、仕方ないのですが、少しへこみます。

減量を目指すには筋肉を付けて基礎代謝をあげて燃えやすい状態にする事が重要です。

ダイエットする為にはどんな筋トレがなくてはならないのでしょうか?マラソンなどの有酸素運動が効果的ですが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。

軽い有酸素運動の以後に筋力トレーニングに取り組み、最後にまた軽く走ったりするのが効果が表れやすいようです。

痩せようとしている間、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に摂取する食べ物は、常に変わらずに寒天です。

これは、その時の気分で味付けを変えられるので、飽きることがありません。

とりわけ、缶詰みかん入りの牛乳寒天と、味付けなしのさいの目に切った寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものが大好物です。

すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、当時流行した外国製の減量効果があるらしいサプリを試みたことがありました。

飲んでし暫時すると、動悸が発生したり呼吸が荒くなったりしました。

ききめがあると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず恐れを感じ、一瓶で飲むのを中止することにしました。

全然、痩せずに終わったお話でした。

体重を落とす事は以前に数度何度かしてきました。

今もちょこちょこやってる方法でいうと、ちょっとした断食です。

1日日程のない日に水以外は何も摂取しないようにします。

翌日の夜明け直後は重湯やおかゆのような胃に負担の少ない食べ物を食べて、後は普通にやって行くのです。

胃のリスタートにもなって内臓にもやさしいらしいです。

若い頃は基礎代謝力が良いため、多少の食べすぎで体重に出てしまってもしばらくしたら元に戻るという事がよくあるものです。

けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝力が減少し、エネルギーの消費量も減少するので、何もしない状態だと脂肪がつきやすくなります。

ダイエットの決心をしたその瞬間が、最もやる気に満ち溢れているタイミングでしょう。

ダイエットを成功する為には、そのダイエットするぞという気持ちをずっと継続させることが、肝心です。

初めに必死に頑張り過ぎるとすぐに、気持ちが折れやすくなってしまうので、ゆったりとはじめましょう。

ダイエットする上で重要なのは息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレで使用するのは速筋を鍛えます。

遅筋は筋が大きくなりにくく、見た目がマッチョになりにくいです。

この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、憧れのスタイルに近づけます。

基本的にこれさえ食べれば痩せるという食べ物はありません。

しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含んでいて、お通じに良いものはダイエット、痩せるのに効果がありますよね。

野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重の増加を抑えてくれるでしょう。

また、体重が増えそうな食べ物を制限することも大切です。

基礎代謝の数値を知ることは大切だと考えられています。

なぜならば、自分の基礎代謝量の知識なしでは、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることはできないのが理由です。

若い時のような無理なダイエットをするのが体力的にやばくなった分、常日頃から静かに数値を気にかけていたいと思うこの頃です。

ついご飯の前にお菓子を食べてしまうことが多くてどうすれば治るのだろうと思っている方は是非、スムージーをお菓子の代わりにしてみましょう。

スムージーは自分好みの食材をミキサーなどで混ぜ合わせて作ることもできますし、専用の商品を手に入れるのもいいでしょう。

スムージーを食事と置き換えて飲むことで、ダイエット効果が上がるんです。

ただ飲み込むだけではなくスムージーを噛むと、さらに効果が出ますよ。

最近、体重が増えたので、痩せよう調べていたら、いいダイエット方法を見つけました。

それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。

有酸素運動のききめは素晴らしくて、食事を減らすより、ずっと痩せられます。

私も数週間前からウォーキングでダイエットに挑戦していますが、目に見えて痩せてきているので嬉しいです。

歩くことは想像以上に効果的なんだなと思いました。

有酸素運動は20分より多く運動しないと結果がでないとされてきましたが、今は長く続けなくてもせめて20分運動していれば体にとっては意味があるといわれています。

その他、筋力トレーニングの類のほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことで効果を向上させることができるわけですね。

目的を持って歩くことによって痩せることの注意点は、40分以上は必ず歩き続ける事です。

歩く事のような有酸素運動で、体内で燃え始める脂肪は、大体、開始から約30分たってからです。

ウォーキングを10分や20分程度したくらいでは、脂肪が燃焼される事はなく、ダイエットのできばえかかなり薄くなってしまうので、気をつけるようにしましょう。